スワンリバーデージー
NEWS | LIVE | PROFILE | BBS | blog | MAIL
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立待月
110914_174253.jpg























2011.9.14 *やっとこさ日記*

たちまちづき・・。 始めて聞きました。

この日は犬山のラジオ生放送に行ってきたのですが、リスナーさんからのメールで送られてきたメッセージに書かれていた言葉。

フームフム。 立って夕陽をみていると、そのまま上がってきて見える月を言うのですね。(大分はしょってます・・・。)

っということで、立待月を見てみようと待ってみました。

すると。。。

えーと建物に隠れて、夕陽がしずんでしばらくしてからしか見えずでした・・。

広くて高い場所がいいかもしれないですね。

しかし先日の中秋の名月すごく眩しかった。

月の模様がはっきり見えて不思議な星だと改めて思いましたね。

昔の人はあれを見て、なんだと思ったんだろうか。 

地球上にあるものに比べると、はるかに不思議な物体で現象で時にきれいで時に気味の悪いものだと思うんだよね。

今宇宙の秘密がすごい望遠鏡で明かされていってるようで、いつしか見た最新の宇宙番組では、これは地球が出来る前の時代の光が見えているのです。ってすごい理解がムツカシイけど、すごくロマンのある世界だなって思う。
その映像があまりにきれいなので感動を覚えました。

もっと明かされていったら、宇宙に住む日がくるのかもね。

僕は地球でじゅうぶんいいけどね。

日常の景色でさえ感動を覚える日もたくさんあるからね。

あと規模がおおきなイメージになるけど、人間はもちろん生き物だけど、地球っていう星も生き物なんだと思いますね。

しかもすごく繊細。それでいて驚異と脅威。

環境問題って簡単ではないし、大きなことは言えないけど、いたわる気持ちは持っていたいなと思います。


これもおごりかな。 

でもいいや、いたわろう。

立待月の間のこと。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/15(木) 23:37:16 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。