スワンリバーデージー
NEWS | LIVE | PROFILE | BBS | blog | MAIL
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前入り→アジアン→ボロボロアパート
PB092265.jpg
2009.11.9

クリエイターズの燃焼モードから目覚めると、僕はすぐ東京に向かったのでした。

実は12月のワンマンの鍵盤は毎回出てもらっていたazuチャンではなくて、違う鍵盤ニストに参加してもらうことになったんですね。

まあ色々タイミングとかね。 


っでワンマンにはラブハンドルズで鍵盤を弾いている内倉健吾さんにお願いしたっというわけですね。

でも全くスワン弾いたことないから、とにかく少ない機会を利用しなくちゃって思ってたら、うちで打ち合わせしましょうっていう流れになった。

東京に夜に着くと、まずは行きつけのアジアンダイニングバー的な店に連れていかれる。

ここは明大前駅のkuuというお店だ。


相当色んな恋をしてそうな、顔の整った女性(歳は謎だ。名前はミサコさんという。)と、アジア旅行が大好きそうなタフガイって感じの男性(ヤマサンです)の二人で経営しているご様子。

さっぱりしてそうなフォーと珍しくお酒を頼んだ。 グアバとグレープフルーツとトニックウオーターの入った、トロピカルなカクテルだ。どちらもとてもおいしかった。(後にこのお酒のせいでテンションもあがり打ち合わせは饒舌を極めることとなる。)
ちなみにケンチャン(内倉氏)はノンベーだ。 ビールがおかしいくらい喉もとを滑りおちていく。




このあと調布のアパートに向かい、楽譜を交えて話をしたのだけど...

一度来たことがあるミサコさんとヤマサンの言っていたとおり、なかなかのオンボロボロアパートだった。 東京で家賃2万はだてではない。

っけどケンチャンの掃除のサボりっぷりの冥利に尽きる気がする。(本棚だけ異常にきれい。歴史の本が好きなのだそうだ。)

実際にもう少し中をきれいにしてればマツモトハウスとさほど変わらないかも。

別に住めと言われれば住める。  っでも八つも部屋があってケンチャンしか住んでないのには、住んだものにしか分からない理由があるのかもしれない。

実は聞いたら、なんとなくごまかされてしまった感があった。 だからそれ以上は聞かなかった。

だって今夜はここに泊めてもらう訳だし・・・・。

まあ僕のあるのかないのか分からない、霊感レーダーでは今のところ大丈夫だったから気にしないようにした。


打ち合わせは無事終了。 11月はまた一人でこちらに出向いて打ち合わせと練習をすることになりました。 よーし、その時にはアパートの写真も一部撮ってくる! 

今回は何故か取りそこねてしまったんだよね。

いや、まてよ。 もしかしたら無意識に撮らないようにしたのかも。 ひゃーデンジャラス!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。