スワンリバーデージー
NEWS | LIVE | PROFILE | BBS | blog | MAIL
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遥か
P8110965.jpg
2009.8.26


なんて涼しいんだ風!   オータムハズカム。


今年は夏だって思えた日は一週間もなかった気がする。



めちゃくちゃ熱かった練習の日、時間ができたらちょっと海へ泳ぎにいきたいってみんなに提案したけど、今日の風はそんなことをまったくの冗談にさせた。


でもここで一つ。  もし海にいったら撮ってみたかった特典映像用の企画をご紹介。


その1

カメラマン: 低いアングルで波打ち際から海へむけて水面がキラキラ光る角度でカメラをセット。
松本: 背泳ぎで沖から泳いできて、水中で背中に砂が触れた瞬間、勢いよくグイっと足を90度持ち上げてVの字開脚。 岸に向かって歩くと、水着に「フェイバリットカラーズ 3rd scene よろしくね」の文字。

背泳ぎ→犬神家→宣伝   の構図。


その2

波打ち際にギターをスタンドに置いてセット。
カメラマン:  カメラは手で持ち、ギターにピントを合わせて沖はぼかしておく。
松本:  沖からバタフライで水しぶきをめちゃくちゃに跳ね上げて泳いでくる。岸に上がると海パン一丁でやみくもにギターをもち、いきなりアドリブで歌を歌う。 くるっと反転すると、おしりに「フェイバリットカラーズ 3rd scene よろしくね」の文字。何もなかったかのようにまた沖にバタフライで泳いでいく。 

バタフライ→アドリブソング→宣伝→海へ帰る   の構図。

どれも恥ずかしがってはいけない。くそマジメにやる。




しかし今年はもう泳ぐことはないだろう。



僕は泳ぐことが好きだ。

小さい頃から通っていたスイミングは、途中めちゃくちゃ嫌なコーチになって、辞めたくなったこともあったけど最終的には小6まで通って卒業した。


人生を海に例えると、生きることは泳ぐこと。

時おり島で休んで、見えないくらい遥か向こうのどこかへと向かう。

跳ねるように泳ぐ、息苦しくておぼれそうになる、背中を下に目を空に向けて、ただただ漂う。


そうしながらそれぞれのペースで進む。 


時に鏡のような穏やかな波を。  時にすべてを飲み込みそうな荒波を。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/28(金) 01:50:18 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。