スワンリバーデージー
NEWS | LIVE | PROFILE | BBS | blog | MAIL
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムスリップ述べる
walky.jpg
2008.9.2

夜も随分涼しくなりエアコンはますます要らなくなった。

本を読むのにも心地よく、例のごとくブックオフで買った小説もつるりつるりと読み進めることが出来る。

今回読んだのは山川健一のパークアベニューの休日っていう小説。

内容は少々重かったけど、アメリカでの生活を経験している作者ならではの描写がリアルで、知らない国だけど勝手に景色を描く余地を与えてくれた。


そして読み進みていくうちにページをめくる手に変な感触。

あぁしおりか。  ってどんだけビンテージなのっ!!しかも僕の好きな原田知世ではないか!
うーん髪型は時代を物語る。

なになに、 録再リバースでグライコ 知世のウォーキー とある。

グライコはグラフィックイコライザーのことだね。 しかし録再リバースは解りそうで解らないです。

そして、なんなんだろうこの超高値!! むちゃくちゃ高いな! ミニコンポ買えますね。(笑)

当時は革新的な商品だったんだろうなぁ。ミュージックフリークの夢だったに違いない。

ラジオでテープにダビングしてアルバムを作る。イントロの中にMCが食い込むとチクショーみたいな。

僕もちょっとはそういう時代があったな。音悪いけどそれで満足だった。

今はデジタルオーディオの時代ですもんね。

街ゆく人はみんな持ってるようで。 便利だもんね、思ったより音も悪くないし!すごい時代だ。

なんと僕もちょっと前に手に入れました。たまに使ってます。 そういえば自分の曲入れてないや。(笑)

でもね、実を言えば、知世のグライコに負けないくらいにアナログな、テープレコーダーの方が出番が多いです。

だってスピーカー付いてて音が大きいんだもん。 しかも安いから雑に使っても大丈夫。これが大きいかも。

ただ作りかけの曲がどこにあるか、わからなくなるのが玉に傷。

今宵も響くは巻き戻しのキュルキュル音とストップのカチッ!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。