スワンリバーデージー
NEWS | LIVE | PROFILE | BBS | blog | MAIL
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるゆるやりましょう
20071204023622
11月30日

西荻窪のダブジャズにて、弾き語ってきました。
しかも50分間。

実はスタート時、客席は4万人、出演者等含め7万人で。
せっかく来て頂いて嬉しかったので、ゆるゆるトークもしつつ、10曲大集中してやらせていただきました。
また名古屋じゃないってことが、気分違って面白いんだよね。
観てくれてる人も違うし。

ダブジャズ素敵なとこでしたね。雰囲気が落ち着いてて気楽な感じ。

店のマスターも最初クールかと思えば、やはり熱をもった人だなと思った。
そしてなによりPA等担当の方は機材マニア指数180% な方で、歌録りのプリアンプとかマイクとか、色々話聞けて楽しかったですね。
終電の関係でサクッと帰らなきゃいけなくて残念だった。

ちなみにお店の2人に、コンビニでプリンを買って差し入れたんだけど、マスターは暫く考えると、ココアプリンではなくてプッチンプリンの方をおもむろに食べ始めたね。

実においしそうに食べた。スプーンに乗り切らないくらいすくって。

ちなみにみかんは、西荻窪の八百屋さんで、他の出演者と仲良くなろうと買ってきた。
イベンタのWに渡したら2分後には、出演者全員の顔を書き始めていた。。。

松本目が離れすぎじゃないでしょうか。

帰りは終電に乗ったがために、東京金曜の山手終電地獄の洗礼を味わうこととなった。。

ぎゅうぎゅうに押し込まれた身体は、ギターをしょっていることで、足を支点にして「逆くの字」のえびぞり状態15分。
池袋で大半降りてくれなかったら腰が壊れそうだった。

そして最後の乗り換えの線は終了。

違う線に乗って北千住から堀切まで約50分のナイトウォークをしたのであった。。。

ベッドタウンの実に静かで孤独で、硬いブーツを履いてることを後悔しつつも確かに家が近づいてくることの喜びを踏みしめたのだった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。