スワンリバーデージー
NEWS | LIVE | PROFILE | BBS | blog | MAIL
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
favorite colors 7th scene
favorite 4151















2011.4.15 *イマサラナガラ日記*

先日行われました、フェイバリットカラーズを振り返ってみます。(笑)


まず最初に一言で言ってしまいますと、本当に出来てよかった!!

4月入って声がでなくなるという悲劇を味わって、果たしてイベントが満足に出来るのかと常々心配だった。

いつものかかりつけ以外にも、有名な病院に行ってみたりしてね。

無理は禁物って思いながら焦っておりましたね。

まあそんな話はおいておいて、本当に今回も来てくれたみなさんに感謝しています!!

そして出演してくれました、HOTNOTEさん、東京から臼井嗣人さん、関西からドートレトミシー っと本当にいいアーティストばかり集まって、やはりフェイバリットカラーズやってて良かったなって思いました。

今年はあと2回はやりたいなと思ってます。 そうそう次回は7月で決まったんだ。

これからアーティストのブッキングですけど、決まり次第告知しますのでこうご期待!!

さてさて今回の飾りつけを見た印象はきっとシンプルだなって思ったことでしょう。

まあ夜中の準備の限界もあるんだけど、今回はそれぞれのアーティストのライブ中に模様を変えたり動かしたりするのが狙いだったんだよね。
だからステージの上をいつもみたいにゴチャーってしなかった。 まあ後でゴチャーってしてても良かったかもとは思ったんですけど。(笑)

実は東京のHOMEっていうライブハウスのイベントのとき、この飾りつけをやってほしいと頼まれて、そのときひらめきでリアルタイムで飾り付けてくっていうのをやったんだよね。

それがすごく良かったから、ステージの広さは2倍くらいになっちゃうけど、やってみました。

どうだったんだろ。 ちょっとやりすぎたかな?(笑) 自分のライブのときはドートレのキョースケさんがやってくれたから見れるけど、他のアーティストのときは正面から見てないからちょっと謎。。

参考にも意見聞かせてくれたら嬉しいでーす!

ちなみにちなみに、下の写真はなにかといいますと、ステージ向かって左上につるされていました、太陽の影を写したもの。

夜中1時間くらいかけて作った直径70センチくらの球体。鉄のワイヤー製。非常に重いっ! 

オリータ君が冗談でベースでつついていたけど、落ちたら間違いなく負傷なんだけどなぁ。。。

しかしもっと布に映るかと思ったけど、もっともっと巨大なものを作らないとでっかくは映らないかもね。(笑)

次回はもっといっぱいぶら下げてみよう。 ハハハッだんだんステージの面積が減っていく・・・・。

DSC00503.jpg





















これね、画質悪いよね。↓(笑)

実はライブ中に写真を撮ってないから、ハンディカムを携帯で撮るっていう、デジタルなのかアナログなのか分からない写真です。

古い8ミリのムービーみたいで好きだけどね。

110423_1633311[1]















最後にスワンのステージを振りかえってみよう。っそうイマゴロ。

今回のセットリストは 一世紀グランドマザー → アゲハ → 春風 → 虹 → カラーズ でした。アンコールは 優しい人。

春風はおもっきりアコースティックアレンジに変えてみたんですけど、個人的に好きでしたね。 

今回のサポートメンバーならではの音だった気がする。

あと虹では、みんなにラララーを歌わせちゃって、その中でサビを歌えたのは感動的でしたね。

おまけに身体も左右にゆらせるという謎な指示もだしたっ。(笑)

ほんとねちょっと難しいメロディーなのに、歌ってくれてありがとう。 感謝してます本当に。


やーたぶんね、虹はまだまだ進化していく曲なんだと思いますね。

ライブをするごとにまた色々見えてくる気がする。

実は歌詞にもそんなこと書いてました。

「それぞれに渡る七色の橋の その先にまた見つけるだろう」

意識はしてなかったけど、意味はつながってたね。 フンフン。


結構長くなってしまいましたけど、本当に今回もこのフェイバリットカラーズをみんなで作れてよかったです。

フェイバリットは大変だけど、やれば必ず何か自分に返ってくるイベントだと思っています。

人と人が織り成すものって本当におもしろいなと思います。

昨年のワンマン以降大きいイベントはやっていなかったし、どうもユルユルな自分がいました。

喉のことも、なにかの思し召しかもしれないなって。

よーしスロースタートになったから、こっからはダーっといこう! 

っというわけで応援よろしくお願いしますっ!!
スポンサーサイト
マノーンTV→2人で練習→スタジオでみんなで練習→デカビタを飲む
niji2.jpg

2011.4.11

昼一から果たして誰が観てくれるのかという疑問をよそに、15日のフェイバリットも近いことだし、喉のことでみなさんにはご心配をおかけしてしまったので、サポート鍵盤の真野氏がやってるマノーンTVを通じて元気をアピール!

合計1時間弱という超大作になってしまった!大半はツイッターのアカウント取得をする模様っていう、果たして番組的にこれでいいのかという内容ですが、回復した喉のおかげでとても楽しめました。

ちなみに、新曲の虹をやってみたところ、3月に出演したひらのあやかさんのイベント中にライブペインティングをしていたニシムラマホさんが、この映像を観ながら独りライブペインティングをして送ってくれましたよ。

線の感じすごくいい! ありがとう!

しいて言えば 松本はmatsumotoだけどね。(笑)

この日はこのTVの後、マノーンと練習して、そのあと、スタジオに移動して他のメンバーとリハをするというパツパツのパンパンスケジュール!!
練習が終わったあとに、スタジオロビーにある自販機でデカビタを買って飲むのがマイブーム!!

さあ15日までもうすぐですね。 体調管理だけは気をつけていきます!

温かいコメントみなさんありがとう!!

*7th cafe liveでカムバック*
DSC00453.jpg
















2011.4.10

度重なるライブ中止で、心苦しい日々を悶々と送っていたこの4月前半でしたがとうとうライブ復活!

やー嬉しいです。 もうねここいらで喉にも起きていただかなくてはね!

曲数はいつもより少なめで行いました。

最初はまだ出ずらい部分もあって、歌いながら調整していってたんだけど、最終的には調子に乗って2曲多くやる始末。

リハビリっていうと失礼かもしれないけど、一度声が出なくなると、どこまで声が出せるかわからなくなってしまうんだよね。 

普段から結構ギリギリなところにあてて高い声を出してるから、余計怖かった。


ライブって練習とはまた違う感じになるから気づくことも結構あって、だからこのカフェライブはリハビリのように重要だった。

あと余談ですけど歌詞の言葉をよりかみ締める自分がいましたね。

久々に自分の歌声を聴いたから、より敏感になれたのかも。 

来月ももちろんカフェライブあります。 月末になりそう!決まったらすぐ告知しまーす。

もっと楽しんでもらえるようにがんばりたいと思います。

今回歌ってるところの写真撮れず・・・(苦笑)

DSC00455.jpg













こんなに辛いし、凹むん!!
DSC00439.jpg



















2011.4.7


実は先月末から、そうだなもうかれこれ10日くらい前に、なかなか風邪などひかないのに完全に寝込んでしまいました。

ひどい悪寒で全然寝られず、目の下にひどいくクマ男。

でも一番衝撃を受けたのは、自分が出した声だった。

10年歌ってきて聴いたことがないくらいのひどくひび割れた音。

僕の知り合いで、こんな感じの声のまま治らなくなった人を何人か知ってる。その人も歌手だった。

そして同時にそれは最大の恐れになった。


かかりつけの医師さんの診断によると「急性喉筒気管炎」というそう。

ここ何年か僕はとても信頼してる咽喉科があって、心配なときはカメラを入れて診てもらっている。

意外にも、喉を診るときは鼻からカメラを入れるのだ。


今日で声がでなくなってから、10日が経つ。

でも嬉しいことに、話言葉がひび割れなくなったし、少し歌えた。これは嬉しい兆候。

中止にした犬山祭りのライブと、今日のアスナル金山でのライブ。

正直本当に折れました・・・・。 

実は体調不良でライブを中止にしたことは皆無だったから。

ましてや声が調子悪くても、歌えない状況まではなかったからね。

楽しみにしていてくれた方には本当に申し訳ないし、アスナル金山さんや、運営スタッフの方々にも大変迷惑をおかけしてしまった。。
この場をかりてほんとうにごめんなさい。

ただね、15日のフェイバリットカラーズは万全で挑みたいと思ってます!!

多くの方に是非来ていただきたいです。よろしくお願いします!!




kiiroban の半分
kiiroban jacket22
















2011.4.1

4月に入りました。 僕的に超フェイバリットな季節。

ちょっと振り返り日記。 

実は先月から、ライブ会場とか、ラジオの中ではMCで言ってきたんですけど、kiirobanが売れる度に、売り上げの50%を募金してます。

一世紀グランドマザーを歌うことで、いいなと思ってくれた人と歌っている自分とが合わさって出来る、音楽を通じた募金。

スワンとして出来ることは、他にもあるかもしれないけど今一番いい方法だと思ってます。

あと音楽仲間達と共同で募金につながるグッズを製作中。

これもライブ会場で近々お見せできると思います。


こんな体調で、ちょっと弱ってるから、ニュースで耳にするちょっとした言葉やシーンで涙する。

テレビクルーがマイクを向けることを全部は肯定できないけど、悲しみを分けてもらったことで、いまの自分の位置とか幸せさなど痛いほど知らされる。

まず自分は早く復活しなくては!! こう思った4月1日でした。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。