スワンリバーデージー
NEWS | LIVE | PROFILE | BBS | blog | MAIL
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1030 KDハポン!
live.jpg

2008.10.30

KD ハポンで気持ちよくライブをやってきました。

アコースティックだけどしっとりはしたくないっていう狙いだったんだけど、ほんと今回の編成は松本敵に最高にお好みでした。

全然時間がなかったにもかかわらずスタジオワークはものすごく充実してたから、手ごたえもあって、早くみんなの前でライブやりたいよって前日から言ってたくらい。

今回はわざわざ東京から来てもらった、パーカスのトミーマグワイヤ(冨田さんね)のパワーがすごくってね。
それでいて、ベースケンジクン、バイオリンアボユミマルのパワーも相まって、演奏中にものすごくテンションがあがっていく感覚をおぼえました。

ライブ中に一体感っていうのをこんなに感じたのは中々なかったから、自分の曲を通して、チームスワンと、観てくれたお客さんとで、ハポンの空間を埋め尽くしたような幸福感に襲われました。


ほんとたくさんの方に観てもらえてよかった。ありがとうございます。
是非またこの編成でライブやれたらいいなと思っています。
そして次回はハポンのおいしそうな料理も食べてみせるぞ。!


帰りはトミーを駅まで送ったんだけど、なんかあまりに楽しかったので、ウルルンみたいな気分に
ひたったのでした。

wakigen.jpg




スポンサーサイト
ハナマン
hanaman.jpg

2008.10.23

ハナマンです。


兄の娘とレゴブロックで遊ぶことになり、自分の幼いころを思い出しながらいろいろ作ってあげた。

以前にも書いたかもしれないけど、僕はレゴがめちゃくちゃ好きだったんですよ。




SFやアクション映画、ランボーが好きだった少年は、ありとあらゆるマシンや秘密基地を作っては、自分だけのストーリーを頭に描いて遊ぶのが好きだった。
小さくて大きな世界。


兄の娘は2歳半とちょっとで、どこかまだ警戒心がある。
なんとかして仲良くなろうと、赤のブロックと白のブロックだけで作った家と、顔の書いてあるブロックをくっ付けてトラックを作って、なぞのお花屋さんをやった。

兄の娘はむちゃぶりする店員役、花を注文する、っといっても花くださーいっていうだけなんだけど、お客さんが僕。 

写真はマスコットキャラクターの ハナマン 。  

目を離したら、花が分解されてどこかに隠されてしまい、茎だけになってしまった。 
だから写真のはひとつ花がない。(笑)


なんてレゴ遊びはたのしいんだ。
じつは僕のものづくりのルーツのすべては、このレゴブロックでした。
色も繊細なパーツも、完成された自由度もほんとに好きだった。

青いバケツっていうんのが兄の娘がもってるのなんだけど、僕は将来もし自分に子供ができたら、
これを3つくらい買ってカラフルなでっかいバケツに移し変えて探しやすくして、遊びたいなとふと考えてしまいました。


肺活量拡大増強トレーニング
kaipannman.jpg

2008.10.21

海パンではなく、本気の水泳用のスイムパンツを買いました。

合わせて、水泳帽と曇らないゴーグルも!

家からちょっといった所に50メートルの競技用コースがある市民温水プールがあって、週に2回は通うことにしました。



今年のこり2ヶ月ちょっとの間に歌のために出来ることってなんだろうって考えたんだけど、肺活量がもっとあればいいなと思ったのがことのおこり。

あと体力もつけたいなと!

そして、なんと今日第一回目いってきました。

準備体操を入念にやって、プールに入ると結構ひやっこくて、それよりも驚いたのは、なんと水深が2メートルもあるんですね。
うっかり入るとストーンってなってちょっと焦りますが、いざ泳ぎ始めると気にならなくなる。

そして、深いこともあって青いプールがきれいです。泳いでてすごく気分よくなります。

ただ、、、体力落ちてました。。。 すぐしんどくなったもんね。 
とはいえ 1200メートルほど泳いで肺をたくさん動かしてきました。

途中から平泳ぎばっかだったけど。(笑) 残念ながらバタフライで50メートル泳ぎ切れなくなってしまってたんですね。 ショック!! 
おまけに、背泳ぎしてたら監視員の方に、もうちょっと右に寄ってくださいねーって言われてしまった。
前見えないから天井の模様をみてまっすぐに行こうとするんだけどね。またリベンジしよう。

隣のコースのメンズは延々バタフライで水しぶきを上げていたな。 かなりの筋肉マンでしたね。
徐々にならして年末までにはバタフライで100メートル泳ぐぜ!
そしてしらない間に肺活量アップだ。

泳いだ後は気分もすっきりしてよかった。

 これなら、ランニングよりも負担が少ないし、喉は乾燥しないし続けられそうです。

じつは決心も固く、お得な回数券を買って帰りました。(笑)

まつりのあと
takotyu.jpg

2008.10.18



地元での野外ステージに出演してきました。 

司会にZIPFMでおなじみのデイルさんと堀江さんを招いての特別なものを企画されたようで、そのトップバッターに呼んでいただきまして。 光栄です。(笑)
デイルさんラジオで聴く声でのイメージと、顔が一致しなかったな。

ちなみにじつは、ぜーんぜん地元春日井ではライブしたことがなかったんですよね。
でもCDをだしたことだったり、他にも機会もあって、今月2度目の地元ライブになりました。

2曲とちょっと短い時間でしたが、人がたっくさんいてテンションあがりました。
ローカルネタも盛り込んだフライヤーをたくさん用意した甲斐があったというものです。(笑)

ほんとにいつか目玉イベント張れるみたいに貢献できたら、楽しいだろうなと思いました。
なんせかすがいっこですから、この街に思い入れは強い。よいとこなんですよ。
だからなにかできたらなっと!

ちなみに市役所前っていうのは広いもんですね。今回イベント参加させていただいて、ここならドカーンってやっても大丈夫だろうなって。

今度はそういう形で登場できるように頑張りますので、どうぞ応援よろしくお願いします!!

ちなみに写真は、通称たこちゅー公園にあるタコの遊具です。
子供のころ、この祭りのあとに、買ったものとか持ってって遊んだ。

昔は顔の無いなかなかにシュールなタコだったが、現代版は顔が書いてあった・・・。

これで、どこが前なのか解りました。(笑)


ザ・ぬれアイテム
nuremasuku.jpg







2008.10.15


夕暮れに長い人影をつくるようになると、随分寒く感じます。



ありがたいことに、みなさんよく風邪など気をつけてくださいねって言ってくれますが、その中で僕が一番恐れてることがあります。

それは乾燥からくる風邪のせいなのか喉の奥が、きなこ か,砂をまぶされてしまったんじゃないかっていうぐらいの違和感と痛み、あと鼻づまり。

そんなにならないんだけど、なったら最悪です。 もう声でなくなっちゃうもんね。
しかもなかなか治らないことが多いです。

ボーカリストにとっては、実はもっとも気を使う季節。

ただ、僕の場合わりとライブがない時になりますね。それだけが救い。


しかし、しかし、今年はナイスアイテムをみつけました!

その名も、「ぬれマスク」  (ぬれあられは好物です。)

3枚入りで450円と高いようですが、コンビニで大人用のノーマルマスクは単品で言えば同じ値段です。

使い心地はなかなかよろしいです! 息苦しくないし、スースーするうえに、ハーブの香りでリラックスできそう。


現に今つけながらこの日記を書いてます。(笑)

まさにリアルタイムレポート。

あぁ、これは寝るときもいいかもしれませんね。 夜行バスなんかにもよさそう。

夜行バスで思い出したけど、冬の車内は暖房でカリッカリのカーリカリに乾燥してますので、喉の弱い人だと、帰ってからほぼ調子悪くなります。 昔ひどいめに遭いました。

今年はマスクで風邪予防しましょう! 

ちなみに決して薬局のまわしもんじゃありません。


ただ、野外ライブなんかで、みんなマスクしてたらちょっと不気味な光景にはなるでしょうね。(笑)
星ヶ丘テラス
2008.10.13

晴天の星ヶ丘テラスにて、ライブをやってきました。

僕の晴れ男伝説はまんざらでもないようで、ときおり風に運ばれてステージに影を作っていた雲も、ライブ中には消えてくれたではないか。イッツミラクル。

星ヶ丘テラスはひっじょうにシャレた通りで、入りたい有名店がたくさんありますね。
(当日は時間がなくてどこも行けなかった。。)

ライブ会場となったのは、そんな通りの途中に、ステージとなる地面に向かって半円形状に傾斜して階段に囲まれたエリア。

ステージ側から見上げると、空の下っていう感覚を味わうことができて歌ってて気持ちがいいなと毎回思わされます。
あと、なによりどんどん人が集まってきて、階段に座ってくれるのが嬉しですね。
これは非常にテンションあがります!!
きっとステージに立つ人の性(さが)なんだろうね。
だから、ライブっていうのは毎回違うなって感じるのは、演じる者と、見る側の両方で作られてるからなんだなと改めて思いました。

ほんとに観に来てくれた方や、たまたま耳を傾けてくれた方、そしてステージスタッフの面々にとても感謝してます。
まだまだしょっぽいところもありますが、またどこかの違うステージで一緒にライブを作り上げれたら嬉しいです。
これが将来どんどん巨大化したとしても、同じ感覚でいられるような気がします。

最近曲を思いついてどんどんテレコに録っては作り始めてて、もっと曲を通じてステージと客席側で一つのものを共有してるような感覚を味わえたらいいなって思ったりしてます。
いい曲ができたらどんどんみせていきたいですね。

っというわけでまたどこかの会場で会える日を楽しみにしてます。
携帯カメラが壊れちゃったので写真は今日はないですけど、また日記ちょくちょく書いていきますので、どうぞよろしくお願いしまーす!






春日井と浜松はほぼちょうど100キロでした。
PA051918.jpg



2008.10.5


雨の音がすごい。。。

中止になることはないけど、野外ライブでの雨は観るほうがつらいんだよな。

そう思いながら、でも止んでくれと願ったら本番にはほんとにあがった。

というわけで、地元春日井でのFM愛知公開録音のオープニングアクトと浜松はサンストリート浜北でのライブをやってきました。
たくさんの方に集まっていただきまして、ほんとに感謝してます。ありがとうございます。
しかし、長年春日井に住んでいながら、あの文化フォーラムのステージにあんな仕組みが隠されていたのは衝撃的だった。市役所に向かって歌うのも軽い衝撃ではあったけど。(笑)

文で説明するのは非常に難しいんだけど、つまり、巨大なガラスの壁だと思っていたのが、ドーンっと開いて、室内の床が高く盛り上がって、外側に向けて大きなステージを作ることができるっていう、ほらやっぱり意味が分からないよね。

普段の文化フォーラムを見れば違いがよく分かるんですけど。 暇な時遊びに行ってみてください。
なんと夜8時までやっている素晴らしい図書館&文化館なのです。 
CDを聴けるコーナーや、映画が観れるコーナーもあり。
学生時代はよくここでべんきょしました。
そして、疲れると気晴らしに屋上のオープンテラスに出て息を吸うっていう感じで。
あぁでも息抜きの時間の方が長かったかも。 (笑)
とかくなかなか思い出深い場所だ。

そういえば、今はなくなってしまったけどそのすぐ近くにローソンがあって、大学生のころはそこでコンビニ戦士やってたんです実は。 って話がだんだんそれてきた!


しかし公録のアクトは急遽決まって嬉しかったです。
先に浜松が決まっていたけど、春日井で、というのではこれはやるしかないでしょっって! 
来年の秋は本編に出たいのでここはひとつがんばりたいです。

なにかあの場所で将来的にけっこうな音楽イベントを開けたら楽しいかも。
しかし生ドラムはさすがに図書館ではきついか! ドン!ドドン!とかってバスドラが図書館内に響いちゃいそうだもんね。 受験生が勉強どころではなくなるね!
ちょっとそのギャップがシュールでポップだと思ったりもしますけどね。 
でもここの構造を見たら、こう思うのも無理はない。  春日井市もナイスデザインの図書館を作ったものだと改めて感心してしまった。

あとFM愛知のパーソナリティの内藤 聡さんと少しお話できたのは嬉しかった!
よくラジオは聴いていたんだけど、直接話す機会はなかなかないですからね。声と顔が完全に一致しました!
ほんとね、内藤さんはラジオから聴こえる声の通りの感じのいい人でした。


オープニングが終わると、浜北へ高速で直行!!
巨大なショッピングモールの店内の一角に小さいステージがあります。
なんとステージの裏側に銭湯の入り口、2階に映画館、ステージ横には本屋と、反対側には服屋さんとその奥には有名なギョーザ店があるというファンキーな位置関係なのです。
しかしこういう混沌としたシチュエーションは嫌いではない。
名駅でやってたストリートのアバウトさにはかなうまい!
以前にここのライブに来てくれた方がまた来てくれてたりして、アウェイながら嬉しかったです。
会場はよく声が響いて気持ちいいし。ほんと観てくれた浜松のみなさんありがとうございます。
また来たいなと思っていたら、さっそく来月もきまりそうで。次回はもっとがんばってやります!
そして帰りに餃子を食べる。っかそれか銭湯に入る! 

帰りの高速は雨もひどくって、おまけに眠気が来たので、BOOM BOOM Satelliteのアルバムをガンガンにかけて、頭をギラギラさせて帰ったのでした。
大阪のカウントダウンのフェスで観て、あぁすごいなって思って買ったんだ。
ただ聴くとスピードが出るから気をつけなきゃいけないアルバムです。 
ちなみにスワンのアルバムはスピードはでません。安全です。 っがたまに眠くなります。(笑)

ureteru.jpg







ハイパーコレキヨ!
korekiyo.jpg




2008.10.3


最近とても好物なものがあります。



そう!写真にあります通り 「千なり」 です。

しかしただの千なりではございません。

写真だと分かりづらいですが、これは出来立てで、なんと湯気が袋についています。

たまたま名古屋で製造直売しているところを見つけまして、なんとなく買ってみましたが。

わっ!味が全然ちがうナリ! (あぁ違うこれはコロスケだ。)

生地のしっとりでふわふわな触感といい、あんこのとろけ具合といい、すべてが柔らかい印象。
ひとかじりしてから下に向けると、あんこがとろっと落ちるほどだ。ファンタスティック!




僕は昔千なりが苦手だった。もっと乾いていて重たいイメージの食べ物だった。

もしかしたら、ちょっと時間がたっていたのかもしれないが。


しかしこれはどうだ。 ふわふわするすると口の中に入っていってしまい、それでいてなんとも軽くて深い味わい。

もはやドラえもんの気持ちもわからなくもない。

僕はうまいものを食べると、やたらとテンションがあがって、一人で分析して、ぶつぶつぶつぶつ言ってしまうんだよね。(笑)すごく気持ち悪いね。

でももし機会があれば、みなさん出来たての千なりを食べてみてほしい!

ちなみにゆげが付いていたら即食べましょう! そしてやはりあったかいお茶が合います。 


いつか両口屋是清のCMのタイアップとれないかな。(笑)

そしてライブグッズは前代未聞の千なり! スワンロゴを焼き付けてもらってのスーパー生ものコラボ!!

けっこう衝撃的なグッズだと思うんだけどなぁ。

ははっ、また一つ夢ができてしまった!

月の始めの犬トーク
ponsanpo1012.jpg

2008.10 .1


涼しくなってきたせいか、バテ気味だったうちのピーオーエヌがまた元気になってきたようで。
思い切り走らせようと、車に乗せて久々に公園に散歩にいってきました。








ちなみにピーオーエヌはポンです。 クロシバの♀ですが、僕はよくポンたろうと呼びます。

間の抜けた響きが呼んでいて楽しいのであります。 しかしポンたろうとよんでも振り向きはしません。

なぜなら、生後6ヶ月は母の知り合いが飼っていたので、名前が違ったのです。

しかし理由があり、飼えなくなってしまって、ありがたくうちが引き受けたわけです。

僕は柴犬を買うことを常々切望していた。たぶん飼うことになる2年くらい前から。

頭の中では、ちゃ柴を飼うイメージだったのが、迎えに行った柴は真っ黒毛の麻呂眉毛だったからびびったものだった。

最近はちらほら見かけますが、クロシバを飼ってる人はあんまりいなくて、道行く人に「それは何犬か?」っとよく聞かれたものです。

ポンはドッグスクールに行かされていたそうで、最初から色んな芸ができたことに関心したものだ。

後にそれはジャーキーを見せびらかすと、より機敏な反応をすることが判明する。


そしてそれを利用することにより、ここにあるボールを思い切り大遠投しても取ってくるという芸当が可能になったわけであります。

ぶんっ!! さあ行け!!   (この瞬間、最近買ったメイレイのアルバムの一曲目が頭の中で流れます♪爽快)

ダダダダダダダー!       (*ポン:行き)
ダダダダダダダー。ハアハア。  (*ポン:戻り)

よしよし。よくできた!     (*松本:なでる)

待て。             (*松本:ジャーキーを小さくしたものをよく見せながら、目を合わせる)

よし!  はいよくできたねー。 (*松本:はっきりと言う 食べたらしっかりほめてあげる)

これを犬が飽きる前を見計らってやめるのがベターです。


どうです、犬ばかのできあがりです。

もし万が一公園で見かけてしまったら、恥ずかしいのでそっとしといてやるか、こっそりみて苦笑するか のどちらかにしてやってください。(笑) 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。