スワンリバーデージー
NEWS | LIVE | PROFILE | BBS | blog | MAIL
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンスは苦手
20071028170938


10月27日


いやほんとお疲れ様でした。カンパーイ!
ペンネとナストマトとぺペロンチーノを囲んで。


急遽ブッキングをして、どうなるかと思われた急遽発生カフェイベント。さすが水分さん&ワルサーP30。高い演奏レベルとすごい強力な笑いをメインディッシュに、スワン松本その満腹の隙間に収まるべくデザートのごとくやらせていただきました!
しかも、オープニングに歌わせてもらった 「カフェとパスタ」 は何か特別なこと出来ないかなと思って、ライブの当日の明け方に思いついて作りました。相変わらずのギリギリマンで。
あれ来月の7th cafeでもやろうかな。結構気に入ってます。コードが以外と難しいけどカフェっぽいなと。


それはさておき、イベントはお客さんもお店も満足できただろうと推測してますけどいいかがなもんでしょうか。コメント宜しくね。
後で観ましょうってことでワルサー激撮させてもらったけど
あの空気感はライブならではだなと思いましたね。
すごいね水分さんとロンリー中村のカリスマは!
方向は違えど必要な要素。
ただダンスは無理。。。たぶん松本の脳回路にダンスは組み込まれてないんじゃないかって思うね。(苦)

ふたを開ければほんとに沢山集まってくれまして、ほんとあの集客はワルサーあってのものです。
Cafe dufiはアクセスも良いね。またおもしろイベント作れたらいいです。
って実は来年春あたり今度はワルくてキレーなイベント考えてます!お楽しみに。



その後3人で某天然温泉系銭湯に行き、帰りに3年前から胡散臭くて、入るのをためらっていた夜9時開店、夜中4時閉店という
、ラーメン屋さんに行った。
ロンリー中村は、「どんだけ夜型やっちゅーねんなぁって。」ってしきりに言っていた。彼は大阪出身なので本物のイントネーション。「以外と衝撃的にうまいかもよ」っと水分さん。
 
表の看板には、ラーメン うどん って書いてある時点であやしい上に店の中がカーテンで全く見えない。
女の子同士は無論、カップルでも入ることを躊躇する店構え。

僕はたぶんここは怪しい薬でも扱ってて、闇取引きでもしてるんじゃないかとずっと思ってた。通りがかる時、たいてい外に停まってる車は怖そうな感じの車だったから。(笑)

おそるおそるドアを開ける3人。鳴らなくてもいいのにドアを開けるとカランカラーンと必要以上にドアの開閉を伝えるベル。

うわーこれは。ってたぶん3人とも同時に心で言ったと思う。
店の中はバスのイメージです。しかも手作り感満点。

でも夜中2時半でこの店構えで4人客がいる。これをどうとらえるか。 
ちょっと考えてから座ると、メニューは壁に書いてあると言われ、見に行くと(店はバスのように長い、そしてバスのような席の配置 移動しないと見えない)表にとんこつって書いてあるのに、とんこつラーメンはメニューに無い。顔を見合わせて一堂苦笑。

そしてしょうゆ、塩、みそ。それぞれ頼むとかなり早く出てきた。
いただきまーすの直後   無言で顔をまた見合わせる。


      ぶっちゃけうまかったんです。


すべてのスープは12時間煮込まれたというとんこつベース、そこに組み合わされるは研究されつくしたそれぞれのテイスト。あのひょろひょろのおやじさん侮れない。聞けば30年ラーメン屋をやってるとか。
見た目に捕われてはいけないという、わかっていながらも、現実にハッとさせられた3人なのでした。。。。。


スポンサーサイト
クロール5すごかった
20071026012357


10月23日 

下北沢GARAGEに久々にやってきた。
そう出会ってからなんだかんだ、結構な数のイベントに一緒に参加したり、過去には1日だけって言ったのに、結局3日間泊まっていったり、夜中の4時半に打ち上げ現場付近に迎えに行かされた、という迷惑な伝説を持つ男、村守水分さんのバンド、クロール5の企画イベントに誘われたわけで。
二つ返事でオッケーしたのは一ヶ月以上前だったのに
もう今日になってしまったか!!
そういう感覚におちいった。最近ばたついてたからな。
時間の流れ早い!早すぎ。


今回のイベントは、4対バンにロンリー中村の爆笑OAで、
バンド中心なので、その中にちょっと変化を付ける為のアコースティックを入れたいというのが水分さんの狙い。
今回ありがたいことに、(っというか今後そう合わせられないので本とに感謝。)Vioの安保さんが参加してくれてかなり心強い。
そう!!心強いと言えば、名古屋からはるばる観に来てくれた
みなさんの存在!!
いくら慣れた場所とはいえ、すごい嬉しかった。

もしやプロ野球においての、ものすごいアウェーでの試合中、めっちゃ熱心なファンが応援してくれてるのを見つけたときの気分ってこんなのかもしれない!
そりゃかっとばすよね!
ただちょっと時間が短めのせいもあって、トークのスピードまで早くてMCはあまり解読できなかったそう。(無念)
そこかっ飛ばすの意味を履き違えた。
でも歌は集中してたと思う!! あぁでもライブ中の写真は困る。



クロール5はさらにパーカスもいれてまさにクロール6になっていた。そしてこの間参加させていただいた西荻窪でのイベントのときよりうんと完成度が高くて、自分が今後バンドスタイルでのライブをしたいと思っているので、他のメンバーを動かしていったその感覚を見逃すまいと、真剣に観ていた。
とはいえ、理屈抜きにライブを楽しませてもらって、このイベントに参加できてよかったとつくづく思った。


最後のセッションはサザンの心を込めて花束を。
ボーカルばっか集めると楽しい。みんなやたらハモッてみたり
して性格でます。
ただマイクを共有してた、マーマレードの、松浦ゆうじさんは
身長が180を超えていて、松本マイクへは背伸びせねばならずたぶん相当必死だったに違いない!(苦)
ちなみに、セッションはライブハウスの近くで、衝動的に買ってしまった帽子を被って参加。たぶん帽子被ってのステージは
生まれて初めて。
でもかなり気に入ってしまった。(写真のやつね)
27日のカフェにも被っていこうかと。

そう27日は急遽決まったイベントだけど、ワルサーP30は秋においしかったサンマよりも油にのって、相当楽しませてくれると思います。
こないだの長野がすごくやばくて、是非名古屋で出来たらって
思っていたから、ブッキングできてよかった。
是非こちらも来てもらいたいです。
って自分もがんばらなくてはね。

ほんと今回もライブミ観に来てくれたみなさん、そして初めて観てくれた方々に感謝してます!!ありがとうございました!


そしてイベント終了後、申し訳なくも打ち上げもそうそうに、もはや慣れてしまった夜の東名を眠気が来る前にひた走ったのでした。。。
cafe dufi に決定!
200710210116382
20071021011638



10月18日    シラッシーのバンドNIEのライブを余すところ無く観て、自分もがんばらなくてはって勇気をもらった後、
とあるカフェに向かった。

cafe dufi ここか。
1週間前からネットで、夜にライブが出来るカフェを探していた。
そして見つけたカフェでした。

ことの発端は、27日に密かに予定していた、ワルサーP30と
行う激ワルストリートライブを、いっそあったかい部屋でゆったりライブやってしまおうかという話になったからだった。
そしてこないだの飯田での爆笑をみなさんにも是非っと思って本気で探しました。
でもこの日はお店が忙しかったので、音源と資料を渡して詳しくは後日となった。

そして今日、20日。

打ち合わせを兼ねて、ランチをいただきに行ったのでした。

昼間に見てもおしゃれな店だ。また違う雰囲気。

この間は~って挨拶もそうそうに、早速ランチを注文。
本日のパスタにサラダ。欲張ってオプションのデザートも
付けてしまった。


天井すごい高いな。そして店広い。店員さんべっぴんさんと
イケメンさん。 言うこと無し!

お待たせしました~って置かれた皿には赤ピーマンとレタスの緑が鮮やかなサラダと、つややかなパスタ。

フォークになめらかにかつ、しっかりと絡まる麺のゆで加減は
口に入れたときに程よい歯切れの良さを覚えるまさにアルデンテ。

細めんはスープ系のソースに余すところ無くからんで、惜しみなく使われた小エビやほうれんそうは絶妙のバランス。

わかった。うまい!
説明不要。って説明してるけど。(笑

途中から店長さんと打ち合わせしつつ、ちゃくちゃくと
話は決まり、胸をなでおろすのだった。

普通こんなに急にライブを決めさせてくれることは無くて、
正直店長さんにはほんと申し訳ないと思いながら。

でもかなり楽しい夜になるだろなと期待も大でその後の
手作りデザートを頂くのでした。

千種駅から近いし、Pも沢山ちかくにあるからアクセスもいいですので、是非遊びに来て欲しいです。
ponsunpo.volx
20071020113946
20071020113945


10月17日   


ここのところ忙しくて、ゆっくり散歩に行けなかったから
久しぶりに公園に連れて行った。


夏以降、エサは柴専用のモノに代えたわけだが、これは
非常にポンフンが少なく家族にも好評であった。ハズだった。

しかし公園までの道のりで3回もしたのだ。
結果的に沢山食べちゃってプラマイゼロだ。


公園に着くと、リードは外してとりあえずベンチに座る。
ジャーキーがあるうちはポンも隣にちょこんと座ってくれるのでそれを楽しむのですね。非常に優越感に浸れます。

その後丸めた黄色い手袋を思いっきりなげて、持ってこさせては、ジャーキーをあげての繰り返しで楽しむ。これまた非常に優越感に浸れます。


しかし、この日は違った。最近遊んであげてなかったから、すねてんのかとってきてくれない。
むしろてぶくろをくわえたまま座り込む始末。


しかし公園の周りを囲う、どんぐりの木は無数にその細長い実を地面にばらまいていて、それは小さい頃から変わらない光景だ。

ここのどんぐりはでかいのだ。
それを手袋に詰めて、重さを増して遠くへ投げてやった。
取りに走ってくれたが、歯ざわりが気になるのか首を左右に
振って、中のどんぐりをこぼしてしまった。

そのうちの一つをベンチにのせると、何度かくわえて食べそうになった。それを無理くり奪ってまたベンチに置いた。
そしてまた匂いを嗅ぐのであった。
食べれないのか? って聞いてるのかその顔は。

うんだから食べれないよ。

ドッグはいつも見てると表情の変化と意思に気づくようになる。
そして実はドッグもこちらの顔を、人が思っているよりも伺っているのだと思う。けなげなんだな。

とはいえなめられるとそれまでだけど。
たぶん自分は大丈夫ばハズ!

まあ最終的に何が言いたいのかといえば、ポンは最高という
だけの話でした。はいポンポンっと。
1015ハートランドは薄紅色の男達と音を唄うよ娘さん
20071017175640


10月15日


ライブ当日の朝のこと。
3日ぶりに晴れて、やっと出た飛行機雲をすかさずカメラに収めた。
それはこの日に急遽リリースすることを決めた丸秘CDのジャケットに使うのであった。


一ヶ月前のこと。
ちょっとまた違う編成でいろいろ試してみたいけど、これといってしっかりイメージが固まらず悩んでいた。
ただかっちりやりたいなと。
とはいえ、時間は刻一刻と無くなっていくわけで。正直10月15日に間に合うかハラハラしていた。

そんな中、集まってくれたのが今回の3人。EG:白須賀 悟 Vio:安保 有美 Ba:平岩 純一 っと気づけば自分含め、竿もの
4人編成。
実はさらにパーカスを入れたいとは正直思っていたんだけど、
今回はいろいろ当たって砕けてしまったのだった。
(でも結果的に、この4人のみで正解だったと後々強く思うことになる。)

今回は前の日記に書いたように、新しい試みに、新しい曲への取り組みもあって、すごく刺激的だった。

こんな感じでってそれぞれに、怪しくも書いて渡したフレーズも、シラッシーと安保さんが弾けば正解かイマイチなのかはすぐ判断できたし、
嬉しいことに前々から、密かにスワンでベースを弾いてみたかったという純一君のベースラインも、早い段階でなじんでいったのも良かった。

最終的に、全員で歌ってるようなグルーヴが出したいっていうのがあって、練習中にそれを感じた時はかなり勇気がでました。
たぶんステージから客席に届く音に、そういう違いがあったのではないかって信じてるけど、どうだったんだろ。
でもそれだけの自信が、今回の編成とメンバーにはありました。
だから欲張って急遽音源を売ってしまおうと考えたわけで。

練習はマツモトハウスタジオで、毎回音はとって練習をプレイバックしてたから、一発レックの発想は自然な流れだった。
単純にマイクを増やしただけ。(笑
ただ間違えたら全員最初からっていう、結構な緊張感の中、2テイク位とって、後で歌を入れました。
空気感が良くて自分でもかなりお気に入りです。

自分の鼻が詰まっていたこと以外は。。
とかくこのCDしばらくは売りたいなと考えてます。
水際のイメージと白線のヴィーナスの2曲入り。



ライブはきっと、もうちょっと落ち着いたほうがいいとこも
あたんだろなと、今更ながら思うけど、でもあんなに最後の曲ですっていうのが寂しいなと思うのは初めてだった。
この編成もそうできないってのもわかっていたし、かなり4人のキャラ立ちが強いくせに気が合って、自分の楽曲を通じて単純に楽しかった。
そしてかなり多くの人にこのライブを観てもらえたことで、余計嬉しくなったのだと思う。
ほんとに観に来てくれたみなさんと、超サポート3人衆に感謝!!
そして当日松本の無理を聞いてくれて手伝ってくれたハートランドのスタッフのみなさんにも感謝してます。
いつかもっと巨大でやばいライブが出来る日を夢見つつ、またどんどん曲を作って表現していきたいと思います。
どうぞこの先もよろしくお願いします!!


短い日記@名駅
200710101459222
20071010145922


10月10日  

チャリをこぎながら、なにやらすごい数の鳥の声が聴こえた。

そしてすぐにその正体が解った。大量の野鳥が電線に止まって
るんだね。それにしてもすごい数だ。
だめだ写真では全く伝わらない!ズームしたらほんとに一部分だけしかとらえられない。
こういうとき人間の目の性能の高さに、よく気づかされるものだ。ワイド&フォーカス&ピント合う。

ぴたぴたと道路に音を立ててフンは落ちる。
電線の下に入ろうものなら、一列に降り注ぐフライングフンを
よける術もなくくらってしまうだろう。

ただでさえ時間のないのに、ストリートライブに行く前にそんな悲劇は考えられないぜ。
そんなことを全く気にもせず、電線の下を歩き続けるおばちゃんを数秒だけ見とどけた後、またチャリをこいだ。


数メートル走ってから後ろを振り向いた。
おばちゃんにフンが命中した様子は見受けられなかった。


そこ危険ですよ。って言おうとした口を、何故かつむらせる
空気がその人にはあって、それを言わなかったがために、あっ言えばよかったかなという後悔をするかしないか。
それはすぐに後ろを振り向くことで解消されたのであった。


もうフンの話はおしまい。
今日は短めに、っがコンセプトなのである。



名駅は閑散としていた。
そうか、3連休の明けは人通りが少ないんだった。
でも逆境に燃えることを最近こころがけるようにしていて、
だから来てくれた方や、止まってくれてる方にお届けしようと
すぐ考えていた。

6日のうち5日が人前に立って歌うライブで、このストリートが
終われば、一まずスイッチオフ。
15日のハートランドのライブまでにいろいろ準備があるのです。
前売りチケットも嬉しいことに結構でてくれて、必殺予約特典の期待にもお応えしたいね。
まあそうたいしたものではないけど。

一応部屋に飾りたくなるものっていうのが、あるんだけどね。
コンセプトに。

ああしまった、今日は短めにするんだった。

ほんとこの5日間スワン松本観てくれた方に感謝しつつ短いはずの日記おしまい。


写真は鳥の群れほんの一部と名駅のファッションリーダー秋の装いでした。
応援ありがとうございました!
20071009041857
20071009041856




10月8日  日中

セントレアにてファイナルに出るために朝出発。
交通費節約作戦で、新舞子まで早朝ドライブ、そして
ブルーサンビーチの無料駐車場に停めて、あの橋のアーチを
猛ダッシュ。全力疾走。目では駅をとらえているのに、思うほど前に進まないのはなぜだ。


それもそのはず、ギターのギグバッグは見た目以上にうんと重たくて、右手は物販と、待ち時間の暇つぶしの為の本とかワイヤーとか服とかとにかく走るには不都合な要素たっぷりで、ブーツはあまりにも不規則なリズムで地面をコツコツと叩いたわけで。


やった間に合った?
いや、どうやらすで発射した直後だ。
ふう、ほんの5分がここに来て響くことになるんだよな。

こういうとき、朝からの行動のうちあれやめときゃ良かったとか腸が弱いのがいかんのだとか、後ろを振り返るのだ。
でも電車は待ってはくれないものだからな。
そして最後は、あーもうって言うのが僕のパターン。



曇のセントレアは一昨日とはまた違った感じだ。
ガラスの壁は光を床に与えない。
でも人の波は延々押し寄せてにぎわっている。

打ち合わせを終えると、出番まで3時間の待ちがある。
15日に対バンする、奥村さんと、一階に見つけた
人気が少ないコンビニの近くのベンチで、音楽の話しから、はっきり言ってほんとにバカな話まで、あれこれ話していた。
その中で、副賞のハワイもらったらどうしますかって聞いたら、来年結婚する妹と、おかんにあげたいという。
それにはいろいろ背景があるんだけど、まあとにかくいい話だ。


出演者は全員メンズですね。って15日にハートランドでるアーティストが自分含め5組中3組もいる。
すごい偶然だ。
当然仲良くなるわけで。なんかウケル!
ちなみにセントレア組から予選通過したのはスワンだけで。
みんな会場を見てこの状況でよく、、なんて言ってくれるもんです。嬉しいけど、自分がでた時間帯も良かった。
運もあっただけかも。



本番は3曲、PAがいない状況ってファイナルとは思えないって
正直おもった。でもみんな一緒の条件だし、まあ歌うことに
集中した。
結構たくさん集まってきて手ごたえありだったんだけどね。

結果的に優勝したのは奥村俊介さんで。
自然とみんな喜んだ。
でもハワイ旅行券は奥村さんで二重丸。
間違いない。
イベントが終わるころには出演者みんなベラベラうるさい軍団と化して、仲良く記念撮影してもらって解散!


セントレアをあとにしつつ、いつか稼いでこの空の玄関から、オーストラリアのスワンリバーに旅してやるぞと誓ってみたりするのでした。
もちろんギターと釣竿は持参で。(笑


ゴーバックトゥジャンボ
20071008025838


10月6日~7日 いい天気~微妙な曇

生まれて初めてセントレアに行って、なおかつ歌った。
あまり大会だという感じが正直しなくて、ただ2日前に
副賞にハワイ旅行がもらえると聞かされた。
なんちゅー立派!
しかし正直現地はやりずらくてね、1階はトヨタの万博の時のトランペットロボが終わると人は通らないという謎の場所。
4階は人は多いけど他でイベントやってて小さい音でしか
出来ない状況。天むすおいしそう。

ただ、逆境に立たされると張り切るタイプにつき、すべて全開ではいってましたね。
わざわざ応援しにきてくれた方もいて感謝でした。


そしてそんなこんなで今日ふたを開ければ予選通過の連絡をもらった訳で!うわーまたセントレア行くことになるとは!!
ジャンボジェットの離陸シーンがまた見える。うまく写真撮れなかったんだよね。今回載せた写真のはるか向こうに飛んでったジャンボが見えます。

ちなみに今度はでっかいメインステージの方で歌います。
楽しみだ。


しかし今日の守山元気まつりは楽しかったな。
星ヶ丘のときのメンツがまたそろいましたね。
ただ喉がグラウンドの砂ぼこりにやられぎみなので、うがいしてタオル巻いて寝なくては。
実は祭と片付けが終わってから巨大なたこ焼きとイカ焼きとフランクとチュロスと五平餅を閉店後の屋台でかなりまけてもらって買って食べた。
さすがにジャンキーなフードでおなかはしっかり満たされて
しまった。ゲプ。

しかしまつりの雰囲気っていい。子供の頃思い出す。
自分が小さい頃だったら絶対思い出に残るような祭でした。
しかしあれだな、祭りのあとってなんともいえない寂しさが
あるな。 
大学の頃、釣り部の部長だったわけだけど、毎年だしてた
きんぎょすくいとヨーヨー釣りの模擬店も、用意大変だったけど、片付けるときはちょっと寂しかった気がする。

あー全然関係ないけど、留学生の中国人の2人組の生徒さんが、なにやらすごい興奮しながら出目きんばっか取ってっちゃったんだ。中国では重宝されてるのかな。
出目金は赤金よりもだいぶ高いから痛かったんだよね。(笑
ハハハ。全然関係ない話になっちゃいました。
さあ明日もがんばってこう。
マツモトハウスタジオ
20071006082906


今週何日か。

恐らくマツモトハウスは相当騒がしいに違いない。

来る15日のライブのリハをうちでやっているのだ。

これまた一味違ったライブをしたいなということで、組まれた編成は4人。本とは5人でやりたかったんだけどね。へたすれば6人みたいな。(笑
ステージせまっ!て感じで。(笑
しかもアコースティック!

最近の曲は、弾いて欲しいフレーズとかラインを楽譜に書いて渡したりしてて。
今回の取り組みは色々挑戦があって楽しい。
まあ後で、ここ楽譜が変だってつっこまれたりもするわけなんだけど。(笑

でもはまったときはこれはこれは最高で。
最近一人で演奏することが多いから、こんな音あるといいなと思ってたのを、ダイレクトに感じてある種のよろこびを得てますね。
プレーヤーはもう本当に申し分なしで、全員で歌を奏でてるっていう感じがあって。

練習はレコーディングマシンで音をとりながら、聴きながらしつつやってるんだけど、すごい早い段階でいいグルーブが来たんだよね。


ただ一つ欠点をいうとすれば、終わるのが遅いから、全員めちゃくちゃ不摂生なことと、マツモトハウスに蚊が異常にいること。しかもデカイ。
どっから入ってきてるのか解らないんだけど、某ギター男いわく、部屋の中で繁殖してるんじゃないですか?っとのこと。
ウケル!それ正解にしちゃおう!

ああ、あとどうしようもない松本のクソ手品。(最近はまってる)
一同仕方なしに見てくれます。(笑


今月の15日、伏見ハートランドスタジオでのライブは、松本音楽の喜びが感じられると思うね。
僕自身がそう感じてるから自信を持ってオススメ。
是非遊びに来て欲しいですね。
予約まだまだお待ちしてます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。